車内フェラ プチ援交 人妻 売春 不細工

プチ援助募集している32歳の人妻に5000円でフェラしてもらってきた

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
※国内最大級。大手なので安心。管理人の使っている出会い系サイトと言えばココ!※

 

正直、今まで出会い系の援助交際系には手を出したことがなかった。

 

それは、普通の風俗店とは違って色々な面で怖いからだった。

 

個人が相手となってくると、病気とかも怖いし、美人局だったりしてもかなり怖い。

 

楽しく会ってヌキヌキしたとしても、後から怖いお兄さんがこんにちは。なんて目にあったら目も当てられないからだ。

 

要するに俺はビビりなんだよねw

 

だけど、今回。

 

休日があまりにも暇過ぎた&ムラムラが最高潮に達していた為、人生で初めての援交に手を出してしまったんだ。

 

ちょうど嫁も仕事でいなかった事だし……

 

いつも通りにゴロゴロしながら出会い系サイトを閲覧していたこの日。

 

この日は絶不調で、良い女の子は見つからないわ。

 

で、何も予定が決まらないまま時間だけが過ぎていった。

 

時間が経つにつれて、もう諦めてオナニーしてテレビ見て寝よっかな……なんて気持ちになっていた。

 

そんな時に目に止まったのが援交募集の投稿だった。

 

援交って言っても「プチ・フェラだけ」の募集。

 

投稿内容はこんな感じだった。

こんばんは。
今から車内プチで会える人を募集しています。

 

こちらは32歳で普通の主婦です。
05で、冷やかしはなしで、写メ要求にも答えられません。

 

ダラダラメールする方にも返信はしません。
前来てくれた方、良かったら連絡くれたら嬉しいな!

 

05って事は五千円だよな。風俗に行って抜くよりも格安じゃん。

 

貧乏性の俺の心はかなり揺れ動いた。

 

32歳で普通の主婦か……

 

投稿内容に書いていた「前来てくれた方」のリピーターを募集しているなんて、美人局なんかの心配はなさそうな気がするし。

 

ちょっと気になる投稿だったので、即座に情報収集に走った。

 

今ではネットの掲示板で、援交女の情報が書かれている事が多いので、チェックしておいた。

 

調べてみた所、ネットの評判では32歳の普通の主婦っぽい女が普通に来て、車内で普通にフェラしてくれると。

 

美人局なんかは全くないが、交渉しても本番はないらしい。

 

かなりマイナーな地域での投稿だったので、情報量は少なめだったが、どれも同じような書き込みばかりだった。

 

5千円位だったら、捨ててもそこまで痛くはない。

 

普通の主婦ってのも意外とツボにハマって楽しいかも知れない。

 

危険度はかなり少なそうだ。行ってみよう!

 

早速、メッセージを送ってみて、詳しい場所などを確認する。

 

ここで無視されても困るので、できるだけ紳士的に連絡をした。

 

相手からも無事に連絡が届いて、普通にやり取りをして会う約束をした。

 

「今からでも大丈夫だよ」って言われたので、速攻で約束の地へと飛んでいった。

 

場所は某団地。車通りの少ない所に車を止めてハザードをたいてメッセージを送る。

 

「着いたよー。なんか公園と町内の掲示板?みたいなのが横に見えるよ。周りに車いないしハザードたいてるからすぐ分かると思うよ!」

 

「わかった! 多分分かると思う。すぐ行くね。」

 

……

 

初めてのプチ援助にドキドキが隠せない。

 

この時の俺はかなり挙動不審に周りをキョロキョロしていた。

 

「おっ あれかな?」

 

一人だけこちらに向かって歩いてくる人がいた。

 

遠目で見た感じでは太っている感じはない。

 

これだったらイケるかも……そう思った。

 

そして、段々と近づいてきてドアの横に立ち、ニコッと俺に笑いかけて窓をノックした。

 

パッと近くで見た瞬間、少し痛かった。

 

なんか中肉中背の・・・やや普通の女?が俺の車をノックしてやがる。

 

遠目で見た時のあのドキドキ感を返してほしいw

 

街灯の下だけあって顔が上から照らされていて更に痛い。

 

ドアの横で女が会釈した。

 

俺も少し引きつった笑顔で会釈すると、ドアを開けて入ってきた。

 

めちゃ地味な30代・・・だったね。地味な色のダウンにジーンズ。

 

かろうじて化粧はしているものの、全身ユニクロファッションを身にまとったそいつは俺の車内へと侵入してきた。

 

 

俺の求めている「普通の主婦」とはややかけ離れていた。

 

自分の中で美化されていた普通の主婦はもっと綺麗なはずだった。

 

街ですれ違ったら確実に振り返らないレベルだ。

 

それよりもこんな女とは街中ですれ違っても、視界から確実に消すだろう。

 

逃げたくなってきた。が、ここまで来て気弱な俺は逃げれない。断ることもできない。

 

しかし、わざわざこの女に金払ってまでプチ援助したくない。

 

初めての援助がこのブスなんて人生最大の汚点かもしれない。

 

悩んだ俺は全ての流れに身を任せることにした。

 

「あっ。こんばんは。メールの人だよね? どこか場所はあるのかな?」

 

「そうですよ。場所あるから案内するね。そこをまずまっすぐ行ってもらって……」

 

俺が車を止めていた場所から近くの、普通の駐車場に案内された。

 

駐車場の番号まで指定されたから、この女の家族が借りているのかもしれない。

 

遠目に見える通り道には、帰宅途中のサラリーマンが見える。

 

足早に家族の待つ家へと向かっているんだろう。

 

うん。その時の俺は半放心状態だった。

 

挨拶もそこそこにして、とりあえず約束していた五千円を渡した。

 

「これ、約束のお金先に渡しとくね……。ちょっと暗いけど、一応確認してね。五千円札だと思うから」

 

「ありがとうございます。えっーっと」

 

まじまじと俺の渡したお金を確認する。

 

「五千円ですね。間違って一万円札だったら嬉しかったんですけど(笑)」

 

「ははは。間違ってなかったら良かった」

 

今俺にはこんなつまらない冗談に付き合う余裕はなかった。

 

冗談っぽくは言っていたが、正直、この女をぶん殴ってやろうかと思った。

 

五千円をもらえるだけ、ありがたいと思え!

 

それからまた、少し話をしていた。

 

その間にも女はひっきりなしに携帯を確認する。

 

援助のメールが何件も来ているんだろうと思った。

 

「すいません。そろそろ始めましょうか?」

 

「あっ。ごめんごめん。そうだね。どうすれば良い?後ろに移動した方が良い?」

 

「このままで大丈夫ですよ。ズボンだけ下ろしてもらったら良いですよ」

 

「わかった。じゃここでズボン下ろすね」

 

無造作にズボンを下ろして下半身スッポンポンになった。

 

さすがに不細工だけあって我が愚息は反応していない。グデングデンになっている。

 

「これで大丈夫かな?」

 

「はい。それじゃ失礼しますね!」

 

「えっ?えっっ?」

 

かなりビックリした。いきなり女が股間に顔をうずめてきて、俺の大切な息子を口に含み始めたんだ。

 

「えっ?拭いたりしないで良かったの?」

 

すでにチロチロッと舐め始められていたが、心配した俺は尋ねた。

 

「んっ?大丈夫ですよ。いつもこうやってしてるんで」

 

「そうなんだ。大丈夫かぁ。分かった……」

 

こんな不衛生な状態で舐められると、性病がかなり心配になってしまう。

 

それにキスも前戯も何もなしでチンコだけを舐められるのは初めての経験だった。

 

この女のおっぱいも揉みたくないし、キスもしたくはないんだけどw

 

フェラは単純なストロークが続いた。お世辞にも上手いとは言えないが、少しずつ刺激に反応してチンコも大きくなってきた。

 

かすかに見えるコンビニの看板が遠く感じる。

 

単純なフェラチオで、あまり面白くなかったので、色々尋ねてみたくなった。

 

「そういえば、名前はなんて呼べば良いかな?」

 

「えーとっ。すいません。名前はちょっと言えないんです。」

 

えっ……この返答には唖然とした。今、適当に呼ぶ名前を聞きたいだけで、別に実名は求めてないし、そんな答えはいらない。

 

なんでも良いから適当に言っておけば良いんだよ。このバカ!ドブス!

 

また車内が沈黙に包まれる。

 

「えーっと……良く募集とかしているの?」

 

「たまにですかね? 今日は旦那が夜勤でいないので、募集したんです。夜空いてる時は募集かけたりしてますけどね」

 

「あーそうなんだー。本番とかはしてないの?誘われたりする?」

 

「結構誘われたりしますよー。でも、本番はやってないんですよ。車内じゃないとホテルに行く手間がかかるんで」

 

「あー。確かにね。ホテルに行くのは手間になりそうだもんね」

 

こんな女でも本番に誘う男がいる事に衝撃を受けた。普通にソープに行った方が楽しいんではないのか……

 

「そういえば、常連さんみたいなのがいるの? 投稿には「前来てくれた人」みたいなの書いてたけど?」

 

「そうですねー。日にもよりますけど、たまに来てくれますよ」

 

「そっかそっか……」

 

取り留めのない会話を続けて、最終的には口内でドピュッと発射。

 

女は発射した後、口をモゴモゴしていた。

 

色気もなにもありゃしないw

 

「あっ。ごめん。この車テイッシュ積んでないんだ。車の外で出してくる?」

 

「うんうん」とうなづき、外に新鮮な俺の精子を吐き出しに行った。

 

車を降りた女を見て、もうこのまま車を出してやろうかと思ったが、戻ってくる女を待った。

 

その後も二人で車内に少しの間いたが、なんだかいたたまれない空気に包まれる。

 

ハッピーメールバナー
※失敗しない!プチ援助嬢を探すならハッピーメールで!※

 

時折女は携帯を出して、メールの返信? みたいな事をしていた。

 

「出会い系のメールが来てるの?」

 

「そうなんですよ。でも冷やかしが多いから、見極めが難しくて」

 

女がスマホを触っている時にチラッと顔をやると、小さな男の子とツーショットで撮ったトップ画が見えた。

 

まだ年端もいかない子供だろう。気になったので、それも尋ねてみた。

 

「ちょっと見えちゃったんだけど、その画像って子供さん?」

 

「あっ。そうなんですよ。まだ小学生だから可愛くて可愛くて」

 

「小学生の子供って事は、今は家にいるの?」

 

「そうですよー。私が出てくる時にはテレビ見てましたよ」

 

「あっ。そうなんだ……」

 

これにはちょっと引いた。援助の相手が来たら子供を置いてフェラしに来るってか・・・

 

女と自分の考え方にズレを感じた。

 

息子がテレビを見ている間に、母は知らない男のチンコをしゃぶってお金をもらう。

 

そして旦那は必死に現場系の仕事で夜勤をしている。

 

それに、プチ援助しているのは生活する為のお金なんかではなくて、お小遣い稼ぎの為らしい。

 

パチンコにでもハマっているのかもしれないね。

 

賢者タイムも迎えていた俺はもう満足したし、帰ろうと思った。

 

「んじゃ、そろそろ帰るよ」

 

「はい。それじゃ、私はここから歩いて帰れるんで、今日はありがとうございました。良かったらまたお願いします!」

 

駐車場から道路に出るところで、他の車が来てないか確認してお辞儀をしていた。

 

お前は車屋の店員かw

 

車内プチ援交は当たりもあるが外れもある。

 

今回は外れを引いたようだった。

 

それでも、五千円でスッキリできたのなら良かったのかな……なんて思いながら足早に家路へとついた。

関連ページ

ストンピングラブボール、UFOを出会い系で知り合った女に試してみた
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で出会ったアパレル系女子に水着を着させてエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
超美形な元キャバクラナンバー嬢に援助で騙して中出しした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
お得にセックス? 割り切りOLと台風の中カーセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトでの割り切り女の個人情報を暴いて性奴隷にした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系の車内割り切り女を盗撮してネット販売している体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
若いギャルと汗だくセックスがやってみたくて出会い系で探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で車内割り切り女とキャンピングカーでセックスするの楽しいw
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ドSの俺は腹パンチがしたくて、出会い系でドM女を探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイト割り切りで来たのは美人だけど・・・だった体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトで処女・バージンを募集してエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
食事だけのパパ活女子にお金を積んでセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。