ストンピングラブボール UFO 出会い系サイト 開発 試す

最強のマシンバイブ・乳首責めを出会い系で知り合った女に試してきた

ストンピングラブボール
ストンピングラブボール

 

最強の責め&開発アダルトグッズと言われているストンピングラブボールと、UFO.SAをこの度手に入れた。

 

二つ合わせるとかなり値段は張ったが、それでも女を悶え狂わす夢を達成するためにもw これらのグッズは必要だった。

 

しかし、残念ながらプロっぽい感じがしちゃうから、普通のパートナーでは中々使う事が出来ないw

 

仕方なくいつも使っている出会い系サイトで募集してみる事に。

 

今回使った出会い系サイト

 

出会い系の投稿はこんな感じにしておいた。

こんにちは! こちらは30代で普通のサラリーマンをしています。

 

今回は、新しいアダルトグッズを使って一緒に楽しめる方を募集しています。

 

痛い事や辛い事はしません。

 

できれば、エムっぽい方が希望です(笑)

 

条件ある方もオッケーなので、お気軽にご相談ください。

 

一緒に楽しい時間を過ごしましょう。

ぶっちゃけ、普段に比べると、返信はかなり少なかったw

 

ちょっと内容がストレート過ぎたのかな?

 

投稿する時間帯を変えたり、内容を変えていって何度も投稿した。

 

ようやくポツポツと返信が出てきたので、その中から選んで返事をした。

 

今回選んだのは、28歳で家事手伝いをしている女の子。

 

名前は「アミ」としておきます。

 

写メも見せてもらったが、黒髪で普通体型。太くもないが、そこまで細くなさそう。

 

服装も露出の少ない地味な感じで、化粧も薄めにしてる事が多いみたい。

 

こんな普通な子に、ハードなアダルトグッズを使ってヒィヒィ言わして良いのか? そもそも本当に、ヒィヒィ言ってくれるのか?

 

逆に興味が出てきた。

 

後は、お小遣いも安めで交渉できたのが決め手だったw

 

回数制限なしで、2時間は一緒にいてくれる。っていうのが条件の一つでそれもオッケーしてくれたし。

 

それで「込みの苺」だから安い方だと思う。

 

都合の良い日をお互い合わせて約束し、待ち合わせ。

 

アミちゃんは仕事をしてないから、融通が利いて、すぐに日程を合わせる事が出来た。

 

出会った時の第一印象は写メの通り、かなり普通で、カジュアル系の服装だった。

 

「こんにちは。アミさんですか?」

 

挨拶を交わし、あまり話が盛り上がる事もないまま、ホテルへ向かった。

 

地味なだけあって会話や反応も地味だったw

 

相手からは特に話を振って来なかったので、ホテルに到着するまでに俺からの質問攻めみたいになっていたw

 

アミちゃんの情報まとめ

  • 28歳
  • 普段は家事手伝い。いわゆる無職w
  • 彼氏はいるけど、お小遣い稼ぎのために今回しようと思った
  • お小遣いが必要になると援助をたまにする
  • 普通の援助は冷やかしが多いし、俺の投稿は真剣に募集してそうだったので応募した
  • エッチは嫌いではないが、グッズを使ったりした事はない
  • 責められたりするのは嫌ではないのでMだと思う

 

ホテルに到着し、入る前に条件を再度確認。

 

そして入室し、器具をベッド脇にセットしておく。

 

その光景を見て、ちょっと顔が引きつっていた。

 

なんせバックから取り出したのは大型マシンバイブのストンピングラブボールと、吸盤型乳首グッズのUFO、後はローション。

 

U.F.O. SA
U.F.O. SA

 

アミちゃんが、初めて使うアダルトグッズがこの三種の神器だなんて、ワクワクが止まらない。

 

「ん? そんな所に立ってないで、良かったら座ったら?」

 

「今日はこのグッズ使わせてもらうね。一応これがマンコに挿入して自動的に動くやつで、こっちが胸に当てて自動で動くやつになるからね。こっちは知ってるかもしれないけど、潤滑のためのローションだからね」

 

簡単に説明はしたが、

 

「はい。はい。」とうなづくだけで本当に分かっているのか…

 

グッズを目の前にして放心状態になっていた彼女。

 

想像しているよりも、ゴツかったのかもしれないw

 

普通のバイブとかを使ってみるだけって思ってたのかもしれないね。

 

備え付けのお茶を飲み、シャワーを先に勧めた。

 

そして彼女が出てきたら、交代で俺もシャワーを浴びた。

 

出てきた所で、携帯を触っていたアミちゃんに声をかける。

 

「アミちゃん、大丈夫? そろそろ始めようと思うんだけど?」

 

「もう、しちゃうんですね……分かりました」

 

「うん。それじゃ機械セットするから、バスローブ脱いで、裸で仰向けで寝転んでくれる?」

 

「あっ、できたら電気を暗くしてくれたら……」

 

「ん? オッケー。暗すぎると機械使う時のスイッチとか手元が見えなくなっちゃうから、ちょっとだけね」

 

「ありがとうございます」

 

従順に言われた通りに裸で寝転んでくれる。

 

さすが、地味なだけあって真面目だ。

 

ストンピングラブボール、UFOにローションをセット。

 

「ちょっと触るよ?」

 

仰向けに寝ているアミちゃんに、指入れをして、膣にもしっかりとローションをつけた。

 

下の毛は形の処理はされているものの、結構濃いめだった。

 

胸は全体的に見てCカップくらいだろう。乳輪は少し大きめ。百円玉くらいの大きさかな?

 

腰・お腹周りは、細くない代わりにたるんでもなくて、体に対して悪い印象はなかった。

 

「んんっっ?」

 

急に触られた事と、ローションの冷たさでビクンっと体を揺らした。

 

結構良い反応じゃん。

 

膣はちょっとキツめだけど、ほぐしたらストンピングラブボールも十分いけると思う。

 

「ちょっとキツイからさ、指でほぐしておくね」

 

「うんっっ。ふぅっっ。ふぅっっ。」

 

感度は悪くない。

 

丹念に膣をほぐしていった。

 

ローションを数回足して、指を増やしていった。

 

2本、しっかりと指が入る様になった所で、ストンピングラブボールへ変えた。

 

まずはゆっくりと挿入していく。

 

ほぐれているし、潤滑も十分なので、良い感じで入っていく。

 

電源はまだ入れずに、UFOも両胸にセットした。

 

「この胸のやつは?」 といった顔でその光景を眺めている。

 

多分何となく分かってはいただろうが、あえてグッズの説明はしないでおいたw

 

そして途中で外れてしまわないように、しっかりと固定しておいた。

 

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
※自分が普段使っている出会い系サイトの一つ。人が多いので、即会いも可能!※

 

準備オッケー。さぁ、胸かマンコか、どっちから電源入れようかな。

 

「どっちから動かしてほしい?」

 

「胸と下のどっちかって言うことですか?」

 

「そうそう。胸かマンコのどっちが良い? 選んでくれて良いよ」

 

「それじゃ胸の方からが良いです……」

 

「オッケー!それじゃ胸の方から動かしていくねー」

 

電源を入れ、わざとゆっくり動かしていった。

 

大きな乳輪に対して所狭しとUFOが動いてくれている。

 

「どうかな? 大丈夫??」

 

「はぃっっ……少しこそばゆいですけど、大丈夫です……」

 

「オッケー! それじゃマンコの方も入れてくねー。大丈夫そうかな?」

 

「はぃっっ。大丈夫です……よっ……」

 

UFOが乳首をピンポイントにゆっくりと舐め回す感触は、きっとくすぐったいんだろう。

 

そして次に、軽く手でストンピングラブボールを前後させて、潤滑しているのを確認してから、素早く強めで動かしてやった。

 

大きい機械音と共に、マシンが動き出し、ジュクジュクッと激しくピストンし始める。

 

「えっ? えっ? ふわぁぁぁぁぁっっぁぁっ! っっあああぁぁぁっあぁぁぁぁっっ!」

 

機械から身体を動かそうとしていたから、逃げれない様に体を抑えた。

 

続く大絶叫w ちゃんと感じれんじゃん。

 

ついでにUFOの方も強めの動きに上げてあげた。

 

「ひぃゃぁぁぁっぁぁっぁっ!」

 

ビクンと体が痙攣し、手でそれを取ろうとしたが、抑えて制する。

 

「うぐぐぐぅぅっっぐぅぅぅっっ」

 

喘ぎ声が悲鳴に変わり、呻き声へと変わった。

 

こんな子でもここまで感じる事が出来るんだね。なんか女っぽくなってんじゃんw

 

胸もマンコも、動作パターンを色々と変えてみたりしたが、悲鳴は変わらなかった。

 

さっきまでの地味な感じが一変して、ギャップが面白くてエロいw

 

「ヤダヤダヤダっっ! ダメッッダメッ止めてぇぇぇ!止めて止めて止めてぇぇぇっ!」

 

止めろと言ったかと思うと、打ち上げられた魚のようにビクビク痙攣した。

 

「ふぅっ くぅぅぅっぅぅぅっ…」

 

イッたんだろうが、機械は止まらない。

 

「イヤイヤイヤイヤぁ! ちょっとっ……ハァハァ……ちょっと待って待って!」

 

「止めた方が良いの?」

 

「止めて止めて止めてぇ! 早く止めてよぉぉぉぉ! もうダメ! いっちゃったのぉぉぉっ!」

 

「ん? イッちゃったの? どっちを止めた方が良いの?」

 

冷静に淡々と聞き返す俺。

 

かなりニヤニヤしていたと思う。

 

「早く止めてよぉぉ! 両方止めてぇっ! イヤァァァ! あああっっああっっあっっ」

 

「分かった分かった。両方止めるけど、どっちから止めた方が良い?」

 

「早くぅぅぅっっ! 下の方からっ! 下から止めてぇっ! うぅっあぁぁっ!」

 

ビクビクっと体がまた大きく揺れた。

 

それと同時に潮?  おしっこ? がジョロジョロとマンコから流れ出てきた。

 

色はあまり付いていないが薄い黄色で、匂いは少ない。

 

ホテルのシーツがビショビショになっていった。

 

お漏らししちゃったのかな? 感じ過ぎてて、かなり面白すぎる。

 

こうしている間にも機会は延々と音を立てて動き続けている。

 

「なんか出てきたよ? お漏らししちゃったの? それに下ってどっちの事? ちゃんと言ってくれないと分かんないよ」

 

「ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい。 オマンコです。 オマンコの方から早く止めて下さいぃぃっ!」

 

「そっちの事か! ごめんごめん。すぐ止めるね!」

 

カチッカチッ。わざと、最強動作にしてあげたw

 

「あれ? 止まってないかな?」

 

機械が更に大きな音を立てて動き始める。

 

「ギャッヒィィィィッィッィィィ! またイッちゃぅ。イッチャうよぉぉぉ!」

 

「あぅぅぅっあっあっあっあっっ…… あががっがががっががががっっっ……」

 

何度も何度も果てていた。

 

しばらくそのままで動かしていたが、意識を失いそうなほど悶えていたので、ストンピングラブボールだけを、一度止めて抜いてあげた。

 

「ふぅぅぅ……ふぅぅぅぅ……ふぅ……ふぅ……」

 

「どう? 止めたよ大丈夫?」

 

「なんか熱い……体が疼きます……まだ下の方で動いている感触がしてる……」

 

「おっぱいの方はまだ動いてるけどね。下の方は抜いたままにしとく?」

 

「いやっ……ゆっくりなら、またできれば欲しいかもです……」

 

「そっか。それじゃ、機械じゃなくて、生のおちんちんはどう? 欲しくならない?」

 

「おちんちん……はい……生のおちんちん欲しいです」

 

少し考えてから返事をくれた。やっぱりMなんだろうなと思った。

 

「ふーん。アミちゃんって顔に似合わず結構好き物なんだねぇ。おちんちんすぐに入れて欲しいの?」

 

「えっ……はい……できれば、すぐにでも入れて欲しいですっ……」

 

顔を真っ赤にして、吐息を漏らしながら答えていた。

 

ハッピーメールバナー
※知名度抜群!普段使っている出会い系サイトの一つ。人が多く、即会いも余裕!※

 

「仕方ないなぁ。それじゃ先に大きくしてくれる?」

 

服を脱ぎチンコを眼前に持っていく。

 

一瞬驚いたような表情を見せたが、アッサリと口に含んだ。

 

「大きくしてくれたら、すぐ入れてあげるからね」

 

グショグショになったアソコに、手マンをしながら舐めさせた。

 

一生懸命舐めているが、そこまで気持ち良くはない。

 

「今まで何人くらいのおちんちん舐めたことあるの?」

 

「そんなにたくさんは……ない……です……」

 

「そっか。それじゃ、玉の方も舐めてみてね。竿を舐める時は先端を中心にゆっくりやってみてくれるかな」

 

「あぁ……はい……分かりました……はぁはぁ……」

 

フェラチオレクチャーを交えながら舐めさせていると、段々と大きくなってきた。

 

「凄い……はぁ……大きくなってきました。」

 

「大きくしてくれたんだね。まだ濡れてるし、このまま入れようか」

 

正常位の姿勢で大きく足を開き挿入。

 

かなり濡れているしスルッと入っていった。

 

生ハメでも、何も言わなかった。

 

「はぁっん!はぁっはあっっ!」

 

喘ぎはしているが、ストンピングラブボールより若干反応薄い気がするw

 

だけど、あんなに素早くはピストンできないしw

 

それでもせっかくの生ハメを存分に楽しむ。

 

正常位で突き、バックで突き、騎乗位でもトコトン突きまくった。

 

思いっきり腰を打ち付けまくっていると、アミちゃんの体もガンガン動くから、UFOが外れないか心配になるw

 

たまに腰を止めて、胸に固定しているUFOを押し付けたり、左右にスライドさせたり、グルングルンと円を描くように回したりしても、大きく感じていた。

 

UFOと俺の腰振りの相乗効果によって、アミちゃんは何度も大きく体をクネらせて絶頂を迎えていた。

 

ベットはもうビショビショになってしまっている。

 

射精感を感じてきたので、正常位に戻した。

 

「そろそろイキそうなんだけどっ! どこに欲しい?」

 

「あぁっっ……いぃっ! 良いっ! どこでも出しても良いっですっっ!」

 

どこでも良いとは言われたが、ピルも飲んでないであろうこの子に中出しするのはかなり気が引けた。

 

ここまでよがり狂うとはかなり予想外w

 

「お口に出すからっ! それじゃ全部飲んでくれる?」

 

「はいっ! 出して出してっ! あぁぁぁっっぁぁぁぁぁあぁぁっ!」

 

チンコを引き抜き速攻で顔に持って行った。

 

すぐさまチンコを咥え、出るものを絞り出すように全部飲んでくれた。

 

「ちょっとそのまま綺麗に舐めていって……」

 

咥えたまま、コクコクっと軽く会釈し、舐め回してくれた。

 

お掃除フェラは軽いストロークで舐めてくれて丁度いい感じだった。

 

UFOがまだ動いてるから、テンション上がっちゃってるのかな?

 

無事に賢者タイムを迎えた俺はそう思った。

 

綺麗にしてもらった後はアミちゃんの横に寝転がって、ついでにUFOも外してあげた。

 

「機械使ってみて、どうだった? 大丈夫だった?」

 

「あぁ、はい。こんなの初めてで、本当に凄かったです」

 

「気持ち良くはなれた?」

 

「はい……恥ずかしいんですが、何回も気持ち良くなっちゃいました。でも、途中から凄過ぎて、おかしくなっちゃうって思いました」

 

「ちょっと気になったんだけどさ、本当にどこでも出して良かったの? ピルとか飲んでないでしょ?」

 

「あの時は本当にもうどうにでもなっちゃっても良いやって思っちゃって言っちゃったんですよw ピルですか? 何も飲んでないですよ!」

 

「そっか。彼氏さんと比べてどうだった?」

 

「正直……凄く良かったですw 全然いつものエッチとは違いました」

 

お世辞だったのかもしれないけど、あれだけ感じていたし本当かも知れない。女ってのは分かんない生き物だなw

 

ダラダラと喋り続けたが、まだ時間が余っていた。

 

「さっ。そろそろ、もっかいしよっか?」

 

「えぇっ! まだするんですか……私はどうすれば良いですか……?」

 

「もちろんっ!さっきと同じで何もしなくて良いよ。そのまま寝転んでてねー」

 

取り外したストンピングラブボール、UFOを再セットして、その後も時間一杯まで弄び続けた。

 

最終的にセックスはもう一回しただけで、機械を使って弄び続けた。

 

帰る頃にはアミちゃんの足はヘロヘロ。

 

お小遣いは、ホテルを出るときに手渡して別れた。

 

「今日はありがとーね。楽しかったよ!」

 

「はい。こちらこそありがとうございました。」

 

「また、新しいグッズ買ったら一緒に使ってくれる?w」

 

「えっ……はい。無茶なやつでなければ……連絡くださいw」

 

「うん。連絡するからねー!それじゃ!」

 

もうこの頃にはすっかりと打ち解けていた。地味な子でも笑顔を見せてくれると可愛いもんだ。

 

今回の結論

 

地味に見える普通そうな女の子でも、最強のストンピングラブボール・UFOを使えば想像以上にイキ狂う事が分かりましたw

 

また、機会があったら違う子にも試してみたいと思います。

 

 


※1本いくら?で、見たい作品だけを気軽に見る事ができる!

関連ページ

出会い系で募集していた車内プチ援交人妻に会ってきた体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で出会ったアパレル系女子に水着を着させてエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
超美形な元キャバクラナンバー嬢に援助で騙して中出しした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
お得にセックス? 割り切りOLと台風の中カーセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトでの割り切り女の個人情報を暴いて性奴隷にした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で知り合った個人援助女をハメ撮りしてネット販売した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系の車内割り切り女を盗撮してネット販売している体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
若いギャルと汗だくセックスがやってみたくて出会い系で探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
黒ギャルとセックスしてみたくて出会い系で必死に探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で車内割り切り女とキャンピングカーでセックスするの楽しいw
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ドSの俺は腹パンチがしたくて、出会い系でドM女を探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイト割り切りで来たのは美人だけど・・・だった体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトで処女・バージンを募集してエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
食事だけのパパ活女子にお金を積んでセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。