水着 出会い系 援助 売春 フェチ 体験談

出会い系で知り合ったアパレル女子に水着を着させてセックスした体験談

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
※融通の効いた出会いを探すならばこの大手出会い系サイトのPCMAXがお勧め!※

 

俺は水着が好きだ。

 

水着を着ている女の子が大好きなんだ。

 

世間的には、極度のビキニフェチと言われるだろう。

 

水着は、重要な部分だけをピンポイントに隠して、透き通るような肌を余すことなく露出する。それがエロ過ぎる。

 

若ければムチムチッとした肌、少し年を取っていれば、水がジトッーと染みこむ様な肌。どちらもそこにエロスを感じるw

 

ちなみに、俺はどれだけ水着ギャルが好きかと言うと、夏になると意味もなく海水浴場に行き、肌を焼くフリをしてビキニギャルを延々と眺めて過ごしたりする事もあるwそれくらい好きだw

 

海水浴場にいる素人の女の子の水着姿なんて、周りの人に見てもらおうと、少しでも男の目を引こうと、必死に選んだ水着を着てる。

 

そんな事を思いながら見ていると、かなりムラムラする。

 

ちなみに、俺は風俗とかで全裸の女を見てもイマイチ、ピンとこないんだ。

 

下着を身につけてもらってる方がムラムラもするが、全裸になってしまうとなんか萎えてしまうんだよね。

 

全裸だと全てを制覇してしまった気になって、あんまり面白くないのかもしれない。

 

やっぱり、何とかして素人の女の子にビキニを着せたままセックスしたい。

 

この前、少ないながらにボーナスも出たし、自分のフェチを思う存分に堪能しようと思ってw

 

そう思って、いつも使っている出会い系で探してきました。

 

投稿内容はストレートにこんな感じ。

 

こんにちは!市内周辺で会える子を探しています。

 

こちらは26歳で普通の会社員をしています。

 

冷やかしはなしで、ビキニを持参してくれる女の子、お願いします!

 

ビキニフェチなので、着たままでオッケーな方はいませんか?

 

お古のビキニで良いですし、もちろん衣装代+は、お支払いします。

 

年齢は20代が希望ですが、30代の方でも場合によっては可能です。

 

質問だけでもオッケーなので気軽にメッセージ下さい!

 

投稿はだけしておいたら、後はただ待つのみ。

 

明日までは暇だし、気長に探そうか……

 

そこからは時間を見ながら、同じ投稿をして待つを繰り返した。

 

冷やかしの様なメールも何件か届いたり、返信中に連絡が途切れたりもした。

 

しかし、頑張った甲斐あって条件を飲んでくれる女の子を当日中に見つける事ができた。

 

なんとそれが22歳の女の子。

 

名前はカナちゃん。

 

やや細身で、普段はアパレルの店員をしているという。

 

送られてきた写メは洒落た感じで、街中の女の子向けアパレル店員で普通にいそうな感じだった。

 

 

髪は肩までかかるストレートでやや茶髪。

 

普通に可愛いんだけどw

 

カナちゃんは、理由があって急いで援助相手を探していたらしい。

 

【お古の水着良ければ持参してくれて、水着セックスオッケー。終わった後の水着の廃棄はこちらでさせてもらう。】で約束を取り付けた。

 

お小遣いはもちろん必要なんだけどね…

 

こんな可愛い女の子と待望の水着セックスだけあって、一回のセックスであっさり帰らせるのは勿体ないから。

 

3時間ホテル代込み水着(衣装代)代込み、ゴム付セックス回数無制限で「5」の交渉で決着した。

 

やや高いとも思ったが、この女の子のレベルで、込み込み無制限ということを考えると妥当な所じゃないかな?

 

3時間、目一杯使って楽しんでやるぜw

 

カナちゃんは今日は仕事をしていて、終わり次第時間ができる! という事で、夜の待ち合わせになった。

 

念の為に、俺は会う直前にはバイアグラを飲んでおいた。

 

せっかくの貸し切り三時間にチンコが立たないなんて悲しい出来事は避けたかったw

 

実際の待ち合わせ場所は、市内から離れたホテル街の近く。

 

少し早めに到着し、缶コーヒーを飲みながら待っていた。

 

「すいません。家に帰って水着探してたので時間遅くなっちゃいました。そろそろ着きますけど、もう来られてますか?」

 

「もう着いてるよ。コーヒー飲みながら待ってるから、ゆっくりでも大丈夫だよ」

 

程なくして、カナちゃんと思われる女の子がやってきた。

 

周りに人は少ないけど、携帯を手に取りながら、キョロキョロしていた。

 

アパレル系って言うだけあって、着ている私服もレベルは高い。

 

ファッションに疎い俺でもオシャレだと思う。

 

肌の露出も少なくなく、人に見られる仕事だけあってメイクもバッチリ決まっていた。

 

本当に、街中のアパレル店で働いている可愛いお姉さんみたいな感じだ。

 

俺はかなり良い買い物をしたのかもしれない……w

 

「こんばんは! カナちゃんですか?」

 

キョロキョロしていて可哀想だったので、こちらから声をかけてあげた。

 

「あっ。はい。約束の方ですか?」と、可愛らしい返事。

 

本当にこんな子が援助なんかしてくれるのか心配になってくる。

 

ほぼ写メの通りで、実物も可愛い。こんな娘相手に水着セックスできるなんて……

 

軽く挨拶をして、その場でたわいもないトークをする。

 

「こんな所で立ち話もなんだし、早速行く?」

 

ホテルへ促して、二人で向かった。

 

援助だけに、歩いてる時の二人の微妙な距離感を感じたw

 

ホテルへ着き、部屋も無事に空いていて、すぐに入れた。

 

「おぉ。結構綺麗な部屋だねー。そういえば、お金なんだけど先に渡しとこうか? とりあえずこれ、前金で半分入れてるから。残りは帰る時にでも。ちゃんと確認しといてね」

 

予め封筒に入れておいた二万五千円を渡した。

 

「ありがとうございます。今月、本当に困ってて助かります」

 

「困った時はお互い様だよねーw こういうのってたまにしたりするの?」

 

「援助ですか? 学生の時は何回かしたことはあったんですけど、働き始めてからは忙しいし全然してなかったんです」

 

「そうなんだ! それじゃ最近はエッチはしてないの? 可愛いし彼氏はいるよね?」

 

「いえ、実は最近は全然してないんです。忙しくて彼氏も今は居なくて……」

 

「そっかそっか。ちなみに今回はなんで急にお金が必要になっちゃったの?」

 

「ちょっと今月は、お店のお洋服とか結構買わないといけなくて……自分の欲しい服も買ってたらカードの支払いがキツくなっちゃったんです……」

 

「ノルマってやつ? アパレル系って結構大変なんだねー」

 

正直俺は、カナちゃんと出会わせてくれたアパレルのノルマに大感謝したw

 

「そうなんですよ。ノルマばっかで給料安いから、キャバでバイトしてる子とかも多いですし。私は、お酒があんまり飲めないんで援助の方かなって」

 

「そうなんだね。大変だw とりあえずはその五万円で今月は間に合うの?」

 

「はい。五万円あれば支払いは大丈夫なんです。本当に助かります」

 

「そっかそっか。それは良かった」

 

そう伝えて約束を再度確認した。

 

……

 

「それじゃそろそろ着替えて来てもらっても良い? シャワー浴びてから、水着に着替えて来てくれる?」

 

「はい。分かりました! 水着で出てこれば良いんですよね?」

 

「うんうん。宜しく! 水着のままで宜しくね!」

 

少し待つと、ゴソゴソとして、脱衣所からバックを持って水着で出てきた。

 

良いじゃん。かなり良い。

 

黄色がメインのビキニで、お腹もキュッと締まっていてセクシーだ。

 

ホテルの中での俺だけの水着姿ってのがかなりエロい。

 

ずっとこうして眺めてたくなってしまうし、太ももやお腹の露出した部分にむしゃぶりつきたくなってしまう。

 

「それってお古の水着? この前の夏に使ってたやつ?」

 

「お古ですよ。今年使ってたんですけど、どうせ来年になったらもう使わないんで良いかなってw」

 

「そうなんだね! 女の子は毎年おんなじのは着ないよね。それにしても良く似合ってるなぁー。ちょっと俺もすぐシャワー浴びてくるから待っててね。」

 

光のスピードでシャワーを浴び、タオルを体に巻いて部屋に戻った。

 

「本当に可愛いね。よく似合ってる」

 

「えー。そんな事ないですよ。なんか恥ずかしいな……」

 

「見てるだけでも最高なんだけど、良かったらベットに仰向けで寝転んでくれる? 脚はちょっと膝を重ねる感じが良いかな」

 

「あっ。はい……ちょっと電気……暗くしたりは……」

 

「ん? 電気暗くした方が良いの? せっかくこんな綺麗な姿だから、このままの方が良いんだけどな」

 

「えっ……分かりました。このままでも大丈夫です」

 

仰向けに寝転んでもらった所で、女の脚に覆い被さって舐めまわした。

 

程よい弾力。余す事なく舐める。至福の瞬間だ。

 

「ひゃぁぁっっ!? えぇっっ!!」

 

急に舐められてカナちゃんは驚いていた。だけど、そんな事はオレは構やしない。

 

この女の三時間は俺が買っているんだ。

 

水着を横目で見ながら延々と余す事なく舐める。

 

脚の指先から、太ももの付け根まで。

 

女の子独特の足の柔らかさ。

 

チープな感じの石鹸の香りが俺の股間を最大に刺激する。

 

舐めているだけでチンコはパツンパツンに、痛いほど張っている。

 

いつもなら触られたりしないと勃たないのに、水着の力は凄い。

 

一通り足回りを舐め終わったら、次はお腹から胸にかけて舐めていく。

 

舐めながらビキニ越しに擦るように手マン。

 

「んんっ。んっんっんっんっ」

 

軽く声をあげていた。顔を見てみるとギュッと目を瞑っていた。

 

何かを我慢しているような姿が萌えて、擦る手マンを続けながら、全身を舐め尽くした。

 

 

途中で四つん這いや、お尻を強調するポーズを取ってもらい再度舐めた。

 

全身の肌という肌を余す事なく舐めただろう。

 

目立たない所にシミなんかもあったが、全体的には綺麗な肌をしている。

 

「それじゃあさ、次は俺のを舐めてくれる?」

 

パンパンになっている俺のチンコをカナちゃんに向けた。

 

「はぁはぁ……はい……」

 

先端からチロチロっと舐め始めた。

 

「竿も玉もしっかり舐めてね」

 

無言でコクコクッとうなづき、竿から玉までしっかりと舐めてもらった。

 

舌遣いはまぁまぁといった所。

 

そこまではテクニックはないが、その素人っぽい所がGOOD。

 

あんまり舐めさせ過ぎてイッちゃっても困るから、程よい所で止めておいた。

 

後でゆっくり舐めさせれば良いしね。

 

「それじゃ一回しようよ。四つん這いになってくれる?」

 

「分かりました。水着はこのままで……?」

 

「もちろん。このままでオッケー!」

 

「はい。それじゃゴムはお願いしますね?」

 

「大丈夫だよー。ちゃんとゴムは付けるから」

 

夢にまで見た素人水着ギャルとの水着セックス。

 

少しだけ水着をずらして、指入れ。

 

「んんんっ…」

 

しっとりと濡れていて、指が入ると腰を前に動かそうとした。

 

「はい。あんまり動かないでねー」

 

四つん這いの生足を片手で抱きかかえて、手マン。

 

更に濡れてきた。これだったら余裕で挿入できる。

 

素早く持ってきたゴムを装着し、バックで挿入!

 

水着が元の位置に戻ろうとチンコに擦れるのも気持ち良い。

 

水着の上から胸を揉みしだき、小刻みなリズムで腰を振った。

 

「どう? 気持ち良い?」

 

小さく喘いでいる。

 

「うんっ うんっっ」

 

コクコクと頭を縦に振る。

 

体位は変えずにそのまま腰を振り続けた。

 

ピストン運動は最小限に抑えながら、背中から見るビキニ姿を思う存分に堪能していた。

 

腰を振りながら背中を舐めたりする度に、こそばそうに身体をピクンッとくねらせていた。

 

最高のシチュエーションに射精感もこみ上げてきて、そのままゴム射。

 

「ドクドクッッ ドクドクッ ドクッッ」

 

ふぅぅ…

 

いつもよりも大量に出ているのが分かった。凄く気持ち良い。さすが水着の力w

 

チンコを抜き、2人で軽くお茶を飲んで休憩。

 

イッた直後なので特に会話が弾む事もなかったが、その水着姿を見ているとまたムラムラしてくる。

 

自分のフェチだと賢者タイムの解除がいつもよりも早く感じた。

 

チンコをタオルで拭いて、また舐めてもらった。

 

「まだくすぐったいからゆっくり舐めてね。あんまり先の方はまだ舐めなくて良いからね」

 

「んっ……はい!」

 

お金のために、支払いのために、女は嫌な顔をせず舐めてくれる。

 

「ちょっとお尻こっち向けて。ちょっと胸を近づけて」なんて欲求にもしっかりと答えてくれる。

 

ケツや胸を撫で回しながら、チンコを舐めさせる。

 

「竿は休憩して、次は玉を舐めててくれる?」

 

「はい…」

 

結局、舐めさせてセックスして、この行為を時間内で目一杯繰り返した。

 

「あの……そろそろ時間じゃないですか?」

 

カナちゃんが怪訝そうな顔をして俺に言った。

 

「ん? そうかな? 20時頃にホテル入ったから、後30分は残ってるんじゃないかな?」

 

「あっ そうですか…」

 

時間はきっちり確認していたので、俺に間違いはない。

 

最後はまた、水着をずらしてのセックスでフィニッシュを迎えた。

 

さすがに何回もやっていると、女の方も疲労が見え、きつそうだったので備え付けのローションを使ってあげた。

 

そうして、しっかりと射精に至る。

 

合計で4回はカナちゃんとセックスした。

 

……

 

「そろそろ時間だし、最後シャワー 一緒に浴びようか。」

 

「あっ……はい。浴びましょうか。」

 

シャワーを浴びて、水着についた匂いが落ちてしまうのを防ぐために、ここでようやく全裸になってもらった。

 

実物のオッパイは良い形していたけど、やっぱりなんか物足りないなぁ。

 

そして俺は水着を受け取り大事にしまいこむ。

 

体を軽く洗ってもらって、帰り支度をした。

 

「これ残りの分ね。確認してね」

 

「ありがとうございます!」

 

「じゃ、用意できたら出ようか」

 

渡したお金からホテル代を払ってもらって、ホテルを出た。

 

「また、良かったら会えないかな?」

 

「あっ。はい。こちらこそ、また困った時はお願いしても大丈夫ですか……?」

 

「うん。また同じ感じで会ってくれると嬉しいんだけど。ちゃんと水着用意してくれるんならその分も用意するしさ!」

 

「はい。いつでも連絡してください。今日はありがとうございました!」

 

ホテルを出た所で別れた。

 

結局その後、何日かして連絡をしてみたが返事はなかった。

 

多分あのプレイは疲れてしまったんだろうと思う。

 

それでも俺は十分に彼女との水着セックスが楽しめたから言うことなしだ。

 

片手には、使用済みの水着を握りしめて、俺はそう思った。

 

今回使った出会い系サイト
※今回使った出会い系サイトは大手の「いくよくるよ」 老舗なので安心して使えます※

関連ページ

出会い系で募集していた車内プチ援交人妻に会ってきた体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ストンピングラブボール、UFOを出会い系で知り合った女に試してみた
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
超美形な元キャバクラナンバー嬢に援助で騙して中出しした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
お得にセックス? 割り切りOLと台風の中カーセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトでの割り切り女の個人情報を暴いて性奴隷にした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で知り合った個人援助女をハメ撮りしてネット販売した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系の車内割り切り女を盗撮してネット販売している体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
若いギャルと汗だくセックスがやってみたくて出会い系で探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
黒ギャルとセックスしてみたくて出会い系で必死に探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で車内割り切り女とキャンピングカーでセックスするの楽しいw
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ドSの俺は腹パンチがしたくて、出会い系でドM女を探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイト割り切りで来たのは美人だけど・・・だった体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトで処女・バージンを募集してエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
食事だけのパパ活女子にお金を積んでセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。