出会い系サイト 個人情報 性奴隷 主婦 割り切り 援助交際

出会い系で割り切った主婦の個人情報をゲットして性奴隷にした体験談

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
※今が旬の出会い系サイトと言えばこのPCMAX! 即会い可能で管理人も使用中!※

 

人の弱みを握るのは面白い。

 

この前、出会い系で割り切り主婦に会ってきた。

 

田舎の方だと、主婦のお小遣い稼ぎの援助の募集がとっても多い。

 

今回会ってきたのは、28歳の主婦でサクッと車内セックス希望。

 

タイプは写メで確認したけど、服装はちょっとお姉さん〜おばさんっぽい感じで、どこにでも居そうな黒髪の普通の主婦だった。

 

いつもながらに「こんな普通そうな主婦でもお金で体売るんだなー」と思ったw

 

援助の内容は、キス、フェラはオッケー。車内のゴム着一回で値段は1。

 

田舎を走っている某私鉄の駅で、夜に待ち合わせ。

 

駅のロータリーに到着し、車を停めて周りを見渡したが、田舎だけあって人が少なかった。

 

そして、駅前のベンチにポツンっと一人で座っている女の子が居たので、すぐにこの子じゃないかな? と思った。

 

「ロータリーに着いたよ!」と、メールをすると、その娘がキョロキョロ周りを見渡していたから、車の中から手を振ってあげて、車内へ招き入れてあげた。

 

そして、いざ対面!

 

正直なところ、この子は……実物は更に微妙な感じだったw

 

かなり悩むレベルだったけど、もう会っちゃったことだし、ムラムラしてるし、諦めてこの娘に決めた!

 

名前はマキちゃん。それにしても、よく喋る女だった。

 

一つ喋ったら、十の返事が返ってくる。

 

「マキちゃんさぁ、そろそろ行かない? 車でエッチできる場所教えてくれる?」

 

話を途中で止めて、車を移動させた。

 

しかし、移動中も道案内をしながら延々としゃべり続けていたw

 

ここまで聞いた話をまとめると、

  • 旦那さんは仕事で夜中まで帰ってこない
  • 子供はいないし、これからも作る予定はない
  • 友達と遊んだりするお金の為に援助してる
  • 旦那とはセックスレス気味、月に一回くらい
  • 昼間はパン屋さんでパートしている
  • そのパン屋さんはイートインスペースがあって忙しい
  • パートに行く為の電車代がかなり高い
  • お店は大学生のアルバイトの子が多い

などなど。

 

良く喋ってはいたが、マキちゃんは当然、初対面の俺を警戒しているっぽかった。

 

具体的な個人情報などは、話さないように注意しているみたいだった。

 

だけど、遠回しに質問をしていくことで、何となくだが働いているパン屋さんの情報が分かってきた。

 

「大学生のバイトの子が多いって若いエキスを吸い取れそうだねw 近くに大学でもあるの?」とか聞きながら、ちょっとずつ情報を仕入れていったw

 

そうこうしていたら、カーセックスのスポットに到着。

 

暗くてよく分からなかったが、公的機関が管理している空き地みたいな所だった。

 

この時間だったら車が入ってくることは、ほとんどないらしい。

 

ここまで来ても良く喋っていたが、俺はちょっとずつ、シートをフルフラットにしたりして、少しずつ用意していった。

 

「時間は大丈夫? そろそろする?」

 

話を一旦止めて、エッチモードに入っていった。

 

マキちゃんはスカートだったので、そのままパンツだけを下ろした。

 

俺も一緒に、下の服だけを脱いだ。

 

マキちゃん持参のウエットティッシュでチンコを拭いてもらって、フェラ&手コキ。

 

プレイが始まったらようやく静かになった。

 

お尻やマンコを撫でまわし、手で膣を弄ぶとすぐに濡れてきていた。

 

「濡れやすいんだね?」

 

「うん。すぐに気持ちよくなっちゃって濡れちゃうの…… んんっぅっ あんっっ!」

 

喘ぎ声も大きく、すぐにビショビショになっていた。

 

これだけ、濡れていればいつでも挿れられるだろう。

 

 

そして、キスをしようとしたら軽く拒否られた。

 

「気持ち良すぎて顔を合わせるのが恥ずかしい」んだとか。

 

あまりにも無茶な拒否り方だったw

 

残念だなと思い、マキちゃん持参のゴムをつけてもらって正常位で押し込んだ。

 

「うぅぅっ あああぁんっっ!!」

 

濡れやすいだけあってすぐに入っていき、まるでAVのような喘ぎ声。

 

感度良好? で、セックス自体は悪くなかった。

 

パンツだけをずり下ろして、着衣でのセックスってのも興奮した。

 

服の上からおっぱいを揉みまくったり、生ケツをさすりまくった。

 

車の中ということもあって、正常位→騎乗位→正常位で、大きく体位を変えずにゴム射した。

 

「ああぁぁぁぁっ 熱いのがいっぱい入って来てるぅっ」

 

大袈裟すぎて、本当に感じてるのか分からなかったw

 

「あぁー、良かったよ」

 

思ってもない言葉を伝えて、賢者モードに入った俺は、そそくさと帰り支度を始めた。

 

お互い服を着た所で、約束の一万円を手渡した。

 

そして、お金をもらって上機嫌になったマキちゃんは、帰りの車内でも喋り続けていた。

 

お金を受けたってこともあって、行きの車内よりも口が軽くなっていた。

 

相槌をうって「ウンウンっ」と話を聞いていたけど、ここまで喋ってたらマキちゃんが働いてる場所が分かるんじゃないか? って閃いた。

 

店名や具体的な場所は分からないけど、今まで話を聞いた情報だけで、かなり絞れる。

 

送って行った後に、コンビニに車を止めてスマホをフル活用。

 

まずは全ての情報をメモってまとめた。

 

沿線沿いにあって、大学生が多くて、イートインがある街中のパン屋さん。

 

調べていたら、だいぶ絞れたので早速次の土日の休みの日に調査に行ってきたw

 

条件を満たすパン屋さんは三店舗。

 

すべて駅近でお店同士が、割と近くにあるから歩いて回ることができる。

 

昼の忙しい時間帯にお店を回った。

 

店内をキョロキョロして、スタッフの顔を確認して店を出る。

 

これの繰り返し。そして結果!

 

……

 

全部回ってみたが見当たらなかった…

 

この中のどれかだと思ったんだけど、たまたま出勤してないのか。

 

それとも全くの見当違いだったのか?

 

あれだけリアルな話をしておいて、全くの嘘ってのは考えられなかった。

 

貴重な休日に、ここまで来ておいて、くじける訳にはいかない。

 

たまたま巡り合わなかっただけだと信じて!!

 

めげずに、もう一度お店巡りに行った。

 

次は先ほどよりも更に丁寧に店内を確認して行く。

 

……

 

すると二軒目を回った所で居た。発見! 本当に居た!

 

いかにもパン屋さんらしい制服を着てて、忙しそうに動き回っていた。

 

さっきお店に来た時は、動き回っていたので分からなかったのかな?

 

それに、この前会った時の服装とも全然違ったので、パッと見ただけじゃ気付きにくい。

 

頑張ってマキちゃんを探した達成感もあったと思う。

 

その働く姿を見て妙に興奮した。

 

このパン屋のお姉さんと、ついこないだ援助してセックスしたばっかりだ。

 

忙しく動き回っているマキちゃんは、店内でウロウロしている俺に気付くことはない。

 

マキちゃんがレジに立った時に、パンを持ってレジへ会計しに行った。

 

「はい。ありがとうございます! こちら2点ですね」

 

元気よく挨拶してくれる。俺の事に全く気付いていない。

 

「ここで働いてたんだ。この前はありがとうね。遠藤さん? かな?」

 

胸についていたネームプレートの名前を読み上げた。

 

「えっ?」

 

小さく声をあげて、俺の顔をマジマジと見る。

 

「あっ…」

 

少しして気付いたみたいだ。

 

「どうしたの? これ買いたいんだけど、会計してくれる?」

 

不安げな表情になり、手が止まっていた。

 

「あの……なんで……?」

 

小さい声で俺に尋ねてきた。

 

「ん? この辺りは仕事で良く来てるんだ。たまたまだよ。遠藤さん仕事忙しそうだし、また後でメールしても良い?」

 

「はい……また後で……」

 

元気な声はすっかりなくなり、暗い不安な表情になっていた。

 

早速、店を出て一通のメールを送っておいた。

 

「さっきはありがとう。パン屋さんの制服似合ってるね! 次はいつ会えるかな?」

 

メールを送ってパンを食べた。結構美味しい。

 

のんびりと過ごしていると、メールが返ってきた。

 

「私のこと探したんですか?」

 

何とも言えないシンプルな一通w

 

「何のこと? さっきも言ったけど、あの辺りは仕事で良く行くんだけど」

 

「何で私があそこで働いてるって分かったんですか?」

 

「いや、たまたまだよ……たまたまパン買いに行ったら遠藤さんが居たから……」

 

わざとらしく、苗字で返信w

 

そして、だらだらメールをするのも面倒だったので、電話に切り替えた。

 

「もしもし? なんか勘ぐってるの?」

 

「……何で私があそこで働いてるの分かったんですか?」

 

「だから、たまたまって言ってるじゃん。あの辺りは良く行くんだって」

 

「もう二度と来ないでくれますか!」

 

「何それ? いきなり喧嘩腰で。立場分かってるの?」

 

「……だって……しつこいと警察に言いますよ」

 

「警察って……別に言っても良いけど、何なら俺の方から言ってあげようか? 売春持ちかけられた女に、ストーカーの疑いかけられて困ってるんですってさw」

 

「……売春なんて……そんな……」

 

「そんな言い方するんだったら、警察のついでにパン屋さんにも言ってやるよ。売春した女がこの店に来ないでくれって言われてるんだけど、来ちゃダメなの?ってな」

 

……

 

シクシクと泣き始めたw

 

立場は完全に俺の方が上だ。余裕で言いくるめてやった。

 

そして、空いている夜に会う約束を取り付けた。

 

渋々といった感じだったけど、誘いを断れるわけもない。

 

次はもちろん援助じゃないから金はかからないしね!

 

待ち合わせ場所は前と同じで、約束の時間キッチリに到着した。

 

「こんばんはぁ!」

 

いつもより愛想良く挨拶をしたが、小さい返事が返ってきた。

 

「はい……」

 

「なんか愛想ないねー。パン屋さんの時みたいな笑顔が見たいなー」

 

「そんなの無理だし……今日どうするのよ」

 

「んー。今日は車内じゃなくて、ホテルでも行ってゆっくりしようか。時間ある日なんでしょ?」

 

「やっぱり……」

 

半ば諦めた様子で、抵抗することもなかったので、ホテルへ入った。

 

「それで、今日もするの? 一体どうすれば許してくれるの?」

 

「許すとかそんなんじゃないんだけどね、折角だからマキちゃんと、仲良くしたいなーと思ってさ」

 

そういってマキちゃんの体を服の上から揉みまくった。

 

嫌そうな顔をしていたが、断りはしなかった。

 

まぁ断れないってのが本音なんだろうと思うけどw

 

「今回だけだからね……」

 

マキちゃんが、ポツンと呟いた。

 

「時間はあるし、ゆっくりしてこうね」

 

服の中に手を入れて、生乳、生マンコを思う存分に揉んだ。

 

この前は拒否られたキスをして、舌を入れて口内中を舐め回した。

 

あまり口中に入れられたくないのか、頑張って口を閉じようとしてたけど、逃すわけ無いw

 

喘ぎ声は控えていたみたいだが、体は正直でしっかり濡れてきていた。

 

「それじゃマキちゃんも服脱いで、フェラからしてくれる?」

 

言われるがまま、服を脱いで全裸になりチンコを咥え始めた。

 

「歯を立てたり、噛まないでね」

 

車内と違ってホテルのベットは広いから、体を自由に動かせることが出来る。

 

咥えさせたままお尻を向けさせて、クンニもした。

 

シャワーも浴びてないからちょっと酸っぱいような味で、なんとも言えない独特な酸い香りw

 

チンコがガチガチになってきた所で、生ハメ!!

 

ゴムをつけて欲しそうな顔してたけど、外で出すから大丈夫! の一言で押しきったw

 

ビショビショに濡れていたし、スルスルッと入っていく。

 

「あぁぁっんっっ!」

 

奥まで付くと、大きな喘ぎ声を出していた。

 

やっぱ生は気持ち良い。ちょっと緩いけど、すぐにイッちゃいそうだった。

 

ガンガンに、突いて突いて突きまくってやった。

 

胸を強く揉み、舐めまわすように顔中にキス。

 

所々見せる嫌そうな顔がたまらない。

 

だけど、マキちゃんも、この断れないシチュエーションに興奮してるんじゃないかと自己中な俺は思うw

 

まさにやりたい放題w

 

「あぁー。そろそろイキそうになってきたよ!」

 

騎乗位でマキちゃんに腰を振らせている時に言うと、

 

「えっっ。 えぇ? 中はダメだよ! 中はダメッ!」

 

かなり焦った様子で笑けてきたw

 

「中は出さないってw フィニッシュは正常位でしよっか!」

 

そのまま仰向けに寝てもらって、ガンガンに腰を振って腹に射精。

 

「ちょっとさぁ、チンコ綺麗にしてくれる?」

 

ベトベトになっているチンコをマキちゃんの口元に近付けて舐めてもらう。

 

コレを舐めるの? みたいな引いた表情w

 

それでも、お掃除フェラをしてくれた。

 

セックス後にはなんとも言えない雰囲気の空気が漂っていた。

 

「今日はありがとうね。誰にも言わないからさ、また会ってくれるでしょ?」

 

「えっ。これで終わりじゃないの?」

 

「これで終わりな訳ないでしょw まぁ無理は言わないからさ。たまに時間合わせてくれてあってくれるだけで良いんだし、嫌なら俺の方から会いに行っても良いけど?」

 

渋々だったけど、また会う事を了承してくれた。

 

パン屋のパートくらい、いつでも辞めて俺から逃げようと思えば逃げれるだろうけど、どうやら今のところお店に慣れてるからあまり辞めたくなさそうな感じだ。

 

こっちからあんまり無茶を言わなければ、セフレ関係を続けていけると思う。

 

「それじゃさ、今からもう一回しよっか?」

 

当分は、このやりたい放題のセフレ関係を楽しんでいこうと思う。

 

ハッピーメールバナー
※使える&役に立つ出会い系サイトはこのハッピーメール!※

関連ページ

出会い系で募集していた車内プチ援交人妻に会ってきた体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ストンピングラブボール、UFOを出会い系で知り合った女に試してみた
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で出会ったアパレル系女子に水着を着させてエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
超美形な元キャバクラナンバー嬢に援助で騙して中出しした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
お得にセックス? 割り切りOLと台風の中カーセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で知り合った個人援助女をハメ撮りしてネット販売した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系の車内割り切り女を盗撮してネット販売している体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
若いギャルと汗だくセックスがやってみたくて出会い系で探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
黒ギャルとセックスしてみたくて出会い系で必死に探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で車内割り切り女とキャンピングカーでセックスするの楽しいw
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ドSの俺は腹パンチがしたくて、出会い系でドM女を探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイト割り切りで来たのは美人だけど・・・だった体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトで処女・バージンを募集してエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
食事だけのパパ活女子にお金を積んでセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。