出会い系サイト 割り切り 美人 美女 体験談

出会い系で割り切り募集していた女が美女だったけど・・・だった件

ハッピーメールバナー
※安心して使える&役に立つ出会い系サイトはハッピーメール※

 

金曜日の夜、俺はムラムラしていてどうしても抜きたかった。

 

風俗街も家から遠いし、頼れるのは出会い系だけ。

 

近所で検索をかけて、めぼしい女の子に片っ端からメッセージを送っていく。

 

しかしこんな時に限ってヒットするのは割り切りばっかり。

 

諦めようかな……どうしようかなと……思っていたら、22歳の女の子が割と近所で車内での割り切り・最後までで、1.3を提示してきた。

 

段々と面倒臭くなってきていたのでw

 

「車内1で良いなら行く! 宜しく!」と連絡をしたら「それでも大丈夫なのでお願いします」との事だった。

 

22歳で本番有り1なら安いな……

 

とりあえず顔だけでも拝んでやるかと……期待半分、冷やかし半分で約束の場所へ向かった。

 

車に乗って、ポイントを節約するために「ポイント残り少ないからダラメ無しで、詳しい場所教えて!」と連絡しておいた。

 

向かっている途中に、詳しい場所を教えてくれたのでそちらに向かう。

 

到着してから、「今着いたよ!どこいるの? 指定されたスーパーの横でハザード出して止まってるから!」と連絡すると速攻で、「すぐに行きます。待っててください」と連絡があった。

 

ここで黙って待ってるのは何か嫌だったので、とりあえずそのスーパーの周りをゆっくりグルグル車を走らせる事にw

 

できれば、こちらの方から向こうの顔を確認したかったからだw

 

スーパーの周りを2周目に差し掛かった時に、この時間には不似合いの女の子が携帯を手に持ってキョロキョロしながら歩いていた。

 

すれ違った時に、向こうは自分の車を見ていて、こっちもその女の子を凝視していたw

 

しかも、普通にお姉さん系で細くてお洒落で可愛かったんだよねw

 

これ大当たりじゃんかw 激マブだし、こんな娘が来るなんて信じられん。

 

もうこの時点で行くことを決めた。

 

それが失敗の始まりとも知らずに……

 

スーパーの周りをもう一周し、キョロキョロしながら歩いているお姉さんを再度発見。

 

向こうも2回目に俺を見たからだろう。こっちの車を凝視していた。

 

横に車を止めてハザードを出すとすぐに近寄ってきた。

 

ドア越しに会釈すると、助手席に乗り込んできた。

 

近くで見ても割と綺麗だったし、なんか良い匂いがしたw

 

「こんばんはー。メールしてたよね? 約束のまなみちゃんだよね?」

 

「こんばんは!」

 

笑顔で挨拶をするも、それ以上の返事はなかった。

 

自分としては、せっかくだから楽しみたいし、明るく話しかけた。

 

「寒くなかった? 車でゆっくり温まってね!」

 

「……?」

 

俺の顔を見て、??? ってなってた。

 

一瞬自分の滑舌を疑ったが、そんな訳ないw

 

「あれ? 寒くなかったかな? 車どこに止めれば良いかな?」

 

「……クルマ……あっち」

 

駐車場のある方を指差していた。

 

指差した駐車場にクルマを移動させて少し話をした。

 

この時点でなんかイントネーションがおかしい事に気付いた。

 

「あれ? この辺に住んでる人? 地元はどこなの?」

 

そう聞いても、俺の顔を笑顔で見つめて???って感じだった。

 

「あれ? どこから来た人? どこで生まれたの? ここが地元?」

 

ボディランゲージを交えて話した。

 

「あぁ。ワタシカンコク。カンコクカラ キテ ダイブタチマス」

 

なんかこの時点で全てのやる気を失った。

 

韓国から来てだいぶ経つって言っても全然日本語分かってねぇだろw

 

綺麗な髪に綺麗な服装はしてるけど、言葉が全くダメ。意味わかってない。

 

この言葉の分かってない状態で出会い系サイトを使ってるなんて、確実に援デリか、美人局だし……完全にやる気を失った……

 

そもそも、この娘の状態で出会い系サイトに登録できる訳がないし。怪しすぎる……

 

どうしようかなと思っていたら、手を差し出してきた。

 

なんだろ? ん??  と思っていたら衝撃の発言。

 

「オカネ イイデスカ?」

 

は? と思った。確かに綺麗ではあるけど、言葉がほとんど通じない。

 

それに1を渡すのはかなり躊躇した。

 

だけど、お金を要求されて、ヘタレな自分は財布からそっとお金を出して手渡す事に。

 

満足した様子で財布にしまうマナミちゃん。

 

「ソレジャ スル?」

 

「あー。うん。そうだね……」

 

「ズボン オロシテ?」

 

「あーはいはい……」

 

美人局の可能性も十分にあったので、自分としてはかなり周りに注意していた。

 

チキンハートの自分は怖かったので、駐車場の入口なんかを定期的に確認していたw

 

しかも、マナミちゃんもプレイの用意を進めながらも、道路のクルマの流れをチラチラ見ていたので自分も余計気になってしまったw

 

 

その間もマナミちゃんの携帯はブルブル震えて音が鳴ってるし……

 

そうしてる間にチンコをウエットティッシュで拭いてもらい、ゴムを被せられた。

 

ん?? いきなりエッチするのか?

 

と思っていたら、まさかのゴムフェラ。

 

彼女、綺麗だけど全然やる気ないっす……

 

ちょっと止めてもらって「キスはできるの? キス! キス!」と尋ねた。

 

「キス? ウンイイヨ」

 

おもむろに彼女の唇を貪りにいった。

 

唇に触れた瞬間に体を逸らされたw

 

キスといってもバードキスのみで、ディープキスはダメみたい……

 

あんまり強く言って、怒らせてもややこしそうだし。仕方なかったのでまた再度フェラをしてもらう。

 

全然盛り上がるムードではなかったが、否応なしに反応する愚息。

 

自分の愚息の感じっぷりを見て「ソロソロスル?」と言われたが、正直彼女の服を脱がしてエッチする気になれなかった。

 

彼女は、フェラをしながらも定期的に、道路を通るクルマをチラチラと見ていたし、エッチしてる最中に美人局連中に踏み込まれたら最悪だと思ったからだ。

 

大げさかもしれないけど、こんな事で美人局にあったらたまらない。

 

ズボン下ろしてのフェラだけだったら服もすぐに着れるし、なんかあっても対処できるかなと思っていた。

 

「いや、エッチはもう良いからそのまま口でイカせてくれる?」

 

できる限り、彼女と話すときはゆっくりとハッキリと伝えた。

 

「クチ? クチでイイノ? ホントウニ?」

 

「うん。口で良いから、そのまましてくれる?」

 

そう伝えると分かった様子だった。

 

最終的にはフェラでのゴム射。

 

終わった後に、少しだけ彼女の話を聞いた。

 

「お店は? 迎えの人はすぐ来てくれるの? 歩いて戻るの?」

 

カマをかけたつもりでそう言ったが、やっぱり言葉があんまり分かってない感じで、笑顔を見せるだけで何も話さなかった。

 

「こっちに来てずっとこの仕事してるの?」

 

自分から問いかけるばかりで、分かっているのか、分かっていないのか、彼女は困った表情をしていた。

 

本当に綺麗な顔をしているのに残念である……

 

何の楽しみもない。

 

こんな言葉がほとんど分からない彼女が、俺とメールしていたとは考えられない。

 

美人局じゃないんだったら、援デリだろうな。それでも韓国人をこっちで援デリさせるなんて、その筋の人がやってるんじゃないかな? どっちにしろまともなお店とかではないだろうな? そう思った。

 

日本に来てわざわざ、片田舎で体を売る。そんな彼女が不憫になった。

 

借金でもしたり、甘い誘惑で日本に連れてこられたのかもしれない。

 

だけど、言葉も話せない彼女一人で生活できるはずもない。

 

裏にいる人間はいるだろうけど、なんか裏社会の闇を感じたので、早々に別れることにした。

 

「ここから歩いて帰れるの?」

 

ゆっくりとハッキリと自分は言った。

 

「ウン。アリガトウ」

 

そう言って、彼女はずっとチラチラ見ていた道路の方へ向かって歩いて行った。

 

そして彼女の後ろ姿を見て自分は思った。

 

「今後からはもう変なことにお金は使わないでおこう……どうせなら風俗に行って、ちゃんとした子とエッチをしようと……w」

 

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
※今すぐ会える娘も多数! 全国どこでも使える出会い系サイトのPCMAX!!※

関連ページ

出会い系で募集していた車内プチ援交人妻に会ってきた体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ストンピングラブボール、UFOを出会い系で知り合った女に試してみた
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で出会ったアパレル系女子に水着を着させてエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
超美形な元キャバクラナンバー嬢に援助で騙して中出しした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
お得にセックス? 割り切りOLと台風の中カーセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトでの割り切り女の個人情報を暴いて性奴隷にした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で知り合った個人援助女をハメ撮りしてネット販売した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系の車内割り切り女を盗撮してネット販売している体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
若いギャルと汗だくセックスがやってみたくて出会い系で探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
黒ギャルとセックスしてみたくて出会い系で必死に探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で車内割り切り女とキャンピングカーでセックスするの楽しいw
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ドSの俺は腹パンチがしたくて、出会い系でドM女を探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトで処女・バージンを募集してエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
食事だけのパパ活女子にお金を積んでセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。