処女 バージン 出会い系サイト 官能小説

処女厨の俺が出会い系サイトを使って処女を喰っちゃったお話

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
※しっかり出会える!今すぐ出会える!使える出会い系サイトのPCMAX※

 

今の世の中、処女と出会う機会ってのは本当に少ないと思う。

 

女にとって、たった一度だけの初めてのセックス。

 

よっぽど若い年齢のカップルであれば、処女とセックス機会もあるんだろうが、俺の年齢(28歳)になってくるとまず処女なんて出会う事がない。

 

だからと言って、不細工やデブの処女は勘弁して欲しいし、この年齢になって処女を守っている女って言うとあまり想像したくない・・・

 

そういう蜘蛛の巣が生えたような処女を突き刺すのは俺の趣味ではないしね。

 

だけど! そこそこイケてる処女とセックスがしたい。

 

面倒な手間がかかる事無く、処女とセックスしちゃいたい。初めての体験で俺と言う男を刻み込んでやりたい!w

 

どうすれば良いのか?必死に考えた結果、出会い系辺りで探すしかないと判断した。

 

すぐには見つからないとは思ったので、定期的に俺の方から投稿を繰り返した。

 

こんにちはー^^

 

こちらは20代後半のサラリーマンです。

 

処女・バージンの女の子との出会い希望です。

 

年齢は25歳以下で!お願いしますw

 

条件や希望があったらメール下さいね。

 

偽処女・偽バージンは、お断りしてますので宜しくお願いします。

 

この投稿を俺は毎日飽きもせずに繰り返した。

 

たまにメールが来ることがあったが、年齢が合っていなかったり、写真的に厳しかったり、希望が高過ぎたり・・・

 

しかし続けていく事によって遂に結果が出たw

 

連絡をくれたのは、な・・・な・・なんと19歳の女子大生のミユキちゃん!ちょっとお値段は張るけど・・・ホテル別で片手の金額。

 

写真を見ても良い感じだった。

 

ちょいギャルって感じで、どうしても欲しいバッグがあるから応募したとの内容。

 

普通にバイトしてても中々買えないし、早く手に入れないと売れちゃうかもしれないからって事だ。

 

最近の若い子は本当に欲求に忠実なんだねw

 

バッグとかお洋服欲しさに平気で処女を売却するなんて。親が知ったら泣くぞw

 

それでも俺的には全然オッケーだった。

 

それに早くバッグを買いたい一心で、早く会いたいって感じだったので、俺にとっては好都合だった。

 

さっそく約束を取り付けて出会ってきた。待ち合わせはホテル街近くのコンビニ前。

 

学校の終わった時間だったら割と空いているって事だったので、18時からの待ち合わせにした。

 

俺がミユキちゃんを見た時の第一印象は「本当に処女なの?」だったw

 

写真の通りちょいギャルちっくな感じで、茶髪のショーパンで垢抜けていたから、この娘が本当に男を知らない?って半信半疑だった。

 

話をしたら明るい感じだったし、男が放っておかないだろうという印象だったが、「本当に初めてなんですー」って事。

 

「処女じゃなかったら、お金は渡せないよ?」という事を何度も念押ししても「本当ですよー」って事だったので、ホテルへと向かった。

 

ホテルについてからも色々と話をしていたら、ミユキちゃんは少し前から彼氏ができたそうだ。

 

「じゃー初めてのエッチを俺としちゃっても良いの?彼氏さんじゃなくて良いの?」

 

「えっ。あぁー。彼氏と初めてってなんか恥ずかしいですし、それにバッグが本当に欲しかったんです」

 

「そ・・・そうなんだね。バッグって、今回渡す金額で買えるくらいのやつなの?」

 

「はい。今回もらえる分で買えるんです!今日ここを出て、お店がまだ空いてたらそのまま買いに行きたいなーと思って!」

 

欲しいバッグの話をしている時の彼女は本当に楽しそうだった。

 

俺としてはそんなバッグは本当にどうでも良いんだが・・・処女と引き換えに得るバッグとは一体どんなもんなんだろうね?

 

「ミユキちゃん処女って事だったけど、キスはした事あるの?おっぱい触られたりは?」

 

「はい・・・キスはあります。体を触られた事もありますよ・・・でも、エッチはずっと断ってたんです」

 

「そうなんだねー。それって彼氏でしょ?でもエッチは断るって、なんで??彼氏は結構求めてきたでしょ?」

 

「そうです。昔の彼氏が、何回もエッチしよう。って言われましたけど、なんかそんな気になれなくて・・・初めてって言うのも恥ずかしかったですし・・・」

 

「そっかー。じゃあフェラはした事あるの?」

 

「フェラですか?フェラもないです。服を脱いで、裸を見られたりもなかったので・・・」

 

処女ってそんなに恥ずかしいもんなのかね?彼氏はずっと生殺しで可哀想な思いをしてたんだなー。

 

でも大丈夫。ミユキちゃんが守ってきた処女は俺が今日奪ってやるから!w

 

「そっか。じゃあそろそろ服を脱がしてあげるね」

 

「えっ?自分で脱げますけど・・・」

 

「いやいやー。エッチってそういうもんじゃないんだよ。俺に任せたら大丈夫だから!」

 

戸惑いながらも俺が服を脱がせる事に了承してくれた。

 

まるで子供の服を脱がせるかの様に、顔を見つめながら服を脱がせていって、下着だけ残してあげた。

 

真っ赤なブラジャーとパンティが何ともエロい。

 

「綺麗な下着だねー。思ってたより明るい色じゃん」

 

「えっ・・・初めてだったので、持ってる中でもちょっと明るいやつを選んできたんです・・・それより、電気を暗くしてもらえないんですか・・・?」

 

「そうなんだー良く似合ってるよ。オッケー!少し電気落とすねー」

 

少し電気を落としてあげて、横に座って下着のままでおっぱいをまさぐってあげた。

 

ミユキちゃんは少しくすぐったいような様子で、顔はうつむき加減だった。

 

そしてパンティの上からも、優しめの力でマンコを刺激してあげる。

 

「ほら。エッチする時ってこうやるんだよ」

 

「はい・・・恥ずかしいです・・・あの、シャワーって浴びてなかったんですけど・・・」

 

「シャワー?良いの良いの。普通はシャワーなんて先には浴びないよ」

 

「そうなんですか・・・なんか下着も汚れちゃいそうで」

 

完全に間違った知識を植え付けてあげた俺。それでも、せっかくの女子大生の香りを直接楽しまなきゃ損であるw

 

そしてブラジャーを外し、おっぱいをご開帳。Cカップくらいだったろうか。

 

手におさまる大きさで、乳首もピンクで良い感じの大きさである。

 

俺はその可愛いおっぱいに早速むしゃぶりついてやった。

 

「ひゃぁぁっ。えぇっっ」

 

おっぱいは感じやすかったのだろうか、敏感な反応が見えた。

 

そしておっぱいはほぐれていないのか、少し硬いようにも感じる。

 

おっぱいを舌で転がしながらもマンコをパンティの上から刺激し続けた。

 

じんわりとだが、パンティが湿ってきたように感じる。

 

「可愛いおっぱいだねーずっと舐めていられるよ。ところで下の方はどうかな?濡れてきてるんじゃない?」

 

「えっっそんな・・・おっぱいはちょっと気持ち良い・・・かもです・・・」

 

「そっかそっか。それじゃ下の方も直接触ってくよー」

 

そう言って俺はパンティを横にずらして、クリトリスをメインにしっかりと濡れるまで触っていった。その間も右と左のおっぱいを交互に舐め続けた。

 

「んんっ・・・うんっんっっ」

 

じっくりと愛撫を続けていたら、マンコもしっかりと濡れてきた。

 

「よし。結構体温まって来たんじゃない?俺も服を脱ぐねー」

 

※ムラムラ解消するなら!大手のFANZAでお好みの動画を探そう※

 

かなりボルテージが上がってきていたので、速攻で服を脱いで近くにあった椅子へ服を投げ捨てた。

 

もうすでに俺の愚息はギンギンである。痛いくらいにパンパンに張っていた。

 

そのチンコの様子を彼女は横目に見ているのが分かった。

 

「さぁー。それじゃフェラしてよ。しっかりこっちも濡らさないといけないからねー」

 

「はい・・・どうやってすれば良いですか?」

 

「フェラはねー、手を使わずに口だけでやるんだよ。まずは玉袋からしっかり舐めるんだよ」

 

「そうなんですか。分かりました・・・」

 

そう言って彼女は俺の股間に顔をうずめてきた。

 

「舌をよーく使ってね。袋の所と棒の所をしっかりとまんべんなく舐めるんだよー」

 

ペロペロッと俺の言葉通りに玉から棒までしっかりと舐めてくれる。

 

処女にこういう事を仕込むのって本当に楽しいw

 

「良い感じだよーミユキちゃん上手だね。初めてじゃないみたいだよ」

 

「本当ですか?初めてなんで、しっかり出来てるか分かんなくて・・・」

 

「うんうん。上手上手。彼氏に今度してあげたら喜ぶよー」

 

「そうなんですか・・・でもやっぱり恥ずかしい・・・」

 

「それじゃあね、舐めたままで次はお尻をこっちに向けてマンコを見せてごらん」

 

「こっちを舐めたままでお尻をそっちに・・・ですか?」

 

ちょっと恥ずかしそうにしていたが、拒否する事もなくお尻をこっちに向けてくれた。

 

すぐにパンティを脱がしてやって、シックスナインの体勢で俺は処女のオマンコにむしゃぶりついた。

 

オマンコからアナルまでベロベロッとまるで犬の様に舐めまわしてやった。

 

アナルの香りが何とも言えない部分もあったがその辺りはご愛嬌だろう。

 

「うぅっんっ・・・はぁっ・・・はっ・・・はぁぁっ・・・」

 

「ミユキちゃんも舐めるの辞めたらだめだよー。こうやってお互いに舐めあうのが普通だよ!」

 

「あっ・・・はい・・・なんか体が熱くなってきて・・・」

 

そう言うと素直に従ってくれる。処女を購入したかいがあったもんだw

 

10分は舐めあっただろう。お互いの秘部はだいぶんベトベトになっていた。これだったら処女と言えどもスムーズに入るんじゃないかな?

 

「それじゃそろそろエッチしようか?ミユキちゃんは上に来る?それとも下に来る?」

 

「はぁ・・・はぁ・・・はい。えーっ・・・それじゃ下の方が良いです・・・」

 

彼女に寝転んでもらい、正常位で彼女の初めてをもらう事になった。

 

「よしっ。それじゃ挿れるよ」

 

「はい・・・あの、ゴムは・・・?」

 

「あー。ゴムは初めての時は使わない方が良いよ。引っかかって破れるし、何よりも潤滑してないからミユキちゃんが痛くなっちゃうよ?」

 

「そうなんですか・・・分かりました。大丈夫です・・・」

 

本当に処女と言うのは誤魔化しやすいw

 

さすがに中出しする気はなかったけど、この調子だったら中出しも簡単にできそうな感じだw

 

たっぷりとディープキスをしながら、少しずつ・・・少しずつ・・・彼女の閉まっているマンコにチンコを押し込んでいく。

 

「うぅぅっ・・・うぅ・・・うっっ・・・いっ・・いたいっ・・・」

 

ディープキスでごまかしていたが、彼女の口からは痛みとも取れる言葉が漏れていた。

 

「ミユキちゃんどう?大丈夫そう?」

 

「うぅっ・・・はい。何とか・・・でもこんなに痛いとは・・・」

 

何度か奥まで突き刺そうとしたが、彼女の身体が固まってしまい、本当に先の方までしか入っていない。

 

「それじゃー、ミユキちゃん痛そうだし、ちょっと潤滑ゼリー使ってあげるね。初めての人はこれを使う人が多いんだよ」

 

「あっ・・・はい。ありがとうございます。」

 

万が一の為に用意していた俺は、カバンからローションを取り出して、ミユキちゃんのマンコと俺のチンコにたっぷりとローションを塗った。

 

こうして再チャレンジ。

 

ミユキちゃんは苦痛の表情を浮かべていたが、さっきとは違い多少スムーズにチンコが入っていく。

 

「あっ・・・うぅぅ・・・いたい・・・いたい・・・うぅうぅ・・・」

 

「大丈夫?もうすぐ奥まで入るからね!もうちょっとの我慢だよ」

 

そして、少し引っかかる部分(処女膜?)を押し込み、ようやく俺のチンコが奥深くまで刺さった。

 

この瞬間、俺は本当に感無量だった。彼女の人生での初めてをもらった。金で釣ってだけどwと思ったら、征服感で一杯に満たされた。

 

奥まで刺さったチンコに、ミユキちゃんは苦しそうな表情を浮かべ荒々しい呼吸をしていた。

 

しかし、その表情がまた何ともエロくてソソる。

 

「ミユキちゃん全部入ったよ。初エッチだね。おめでとう」

 

「はぁ・・・はぁっ・・・はぃ・・・ありがとうございます・・・」

 

そして俺はその状態のままで、ミユキちゃんのそこが広がっていくのを待ってから、ゆっくりとピストンを開始していった。

 

「うぅぅっ・・・いたっ・・・いぃ・・・」

 

「大丈夫?我慢できる?いったん止めようか?」

 

「うっ・・・いや、大丈夫・・・です・・・」

 

途中でバックや騎乗位に変えたりしながらも、エッチを続けていった。

 

正常位以外では、ミユキちゃんはかなり恥ずかしがっていて、それがまたそそられた。

 

エッチの途中ではチンコに少し血が付いているのが分かった。

 

本当に彼女は処女だったんだなー。と実感し、更に気持ちが上がっていく。

 

それでも緩やかなストロークを続けていたら、彼女の喘ぎ声も少しずつ上がっていき、俺自身も射精感が高まってくるのが分かった。

 

最後は正常位に戻して、少し早めのピストン運動を繰り返した。

 

「はぁ。はぁっ。ミユキちゃん、そろそろイキそうだよ。どこに出そうか?」

 

「うぅっ・・・はぁぁっ・・・はぁっ・・・中以外・・・中以外で!」

 

「分かった。それじゃあお口に出すから・・・全部飲み込むんだよ・・・」

 

そして俺はピストンを早め、射精寸前でチンコを引き抜き、彼女の口元へと俺のチンコを押し込んだ。

 

どうすれば良いか分からない様子の彼女だったが、俺の無言のプレッシャーによりチンコを口に頬張ってくれたので、全てをそこにぶちまけてやった。

 

「ミユキちゃん。こぼしたらもったいないから、それを全部飲むんだよ」

 

彼女は驚いた表情を浮かべていたが、コクコクッとうなづいて、苦そうにしながらも俺の精子を全て飲んでいた。

 

フェラに関しても、口内発射に関しても、精子ゴックンに関しても、彼女の初めてを頂いた俺は本当に満足していた。

 

ここまで来ると本当に頑張って処女を探したかいがあったってもんだ。

 

プレイが終わった後は、彼女の汚れていた部分を拭いてあげて、一緒にシャワーを浴びに行った。

 

「ミユキちゃん。脱処女した感想はどんな感じ?」

 

「えっ・・・あの・・・まだなんかヒリヒリします・・・」

 

「えっ?ヒリヒリってどこが?」

 

「あの・・・ココです・・・」

 

彼女は自分の股間に目をやりながら言った。

 

「ははっ。そっか。大丈夫そうかな?すぐにヒリヒリは治ると思うからね!」

 

こうしてシャワーから出てお互い服を着ると、俺は約束のお金を手渡した。

 

彼女はお金を受け取った瞬間、本当に嬉しそうなホッとした表情をしていた。

 

「あの・・・また、お小遣いとか足りない時、連絡しても良いですか?」

 

「えっ?うん。もちろんだよーいつでも言ってよ!」

 

彼女からまた会いたいと要望があったのは、本当に意外だった。きっと今日で懲りたと思ったのにw

 

それでも俺は多分彼女に連絡する事はないだろうと思う。

 

多分、彼女はまたこの金額をもらえると思っているだろうし、処女でもない女に俺はそんなに渡すつもりもない。

 

そして、19年間大事に守ってきた処女で得たお金で、彼女は今からバッグを買いに行くんだろうと思う。

 

それにしても、俺が今日やったこのプレイを、彼氏に全部やってあげたのなら彼氏は一体どう思うんだろうねw

 

想像するだけで、楽しくて仕方がないw
DUGA
※アダルト動画を見るならDUGAを使おう!他にはない作品が満載できっと満足できるでしょう※

関連ページ

出会い系で募集していた車内プチ援交人妻に会ってきた体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ストンピングラブボール、UFOを出会い系で知り合った女に試してみた
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で出会ったアパレル系女子に水着を着させてエッチした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
超美形な元キャバクラナンバー嬢に援助で騙して中出しした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
お得にセックス? 割り切りOLと台風の中カーセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイトでの割り切り女の個人情報を暴いて性奴隷にした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で知り合った個人援助女をハメ撮りしてネット販売した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系の車内割り切り女を盗撮してネット販売している体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
若いギャルと汗だくセックスがやってみたくて出会い系で探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
黒ギャルとセックスしてみたくて出会い系で必死に探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系で車内割り切り女とキャンピングカーでセックスするの楽しいw
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
ドSの俺は腹パンチがしたくて、出会い系でドM女を探した体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
出会い系サイト割り切りで来たのは美人だけど・・・だった体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。
食事だけのパパ活女子にお金を積んでセックスした体験談
今日もこの世のどこかでセックスに関するドラマが起こっている。様々なセックスに関する物語を紹介。完全オリジナルで、ノーマルからアブノーマル・エログロまで、基本的に私の脳内で繰り広げられている架空&妄想。たまに体験談の話です。